Sound International Japan
Sound International Japan
News・最新情報
ぶらあぼ2024年4月号にCD評を頂きました♪
2024年04月08日(月)

ぶらあぼ2024年4月号にCD評を頂きました。

《歌詞の世界観、一つひとつの言葉に寄り添い、繊細なアレンジ》

《声の美しさはもちろんだが、まるで童話や物語を聴いているような》

《常にそばに置いておきたい一枚となるはずだ》

長井進之介氏

あたたかなお励ましをありがとうございました!!

慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団の演奏会がYouTubeに公開されました
2024年04月03日(水)

2022年12月26日(月)、東京芸術劇場コンサートホールにて開催されました慶應義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団 第147回定期演奏会が、YouTubeにて公開されました。

辻裕久が、ホルストの民謡集とアンコール「The Salley Gardens」を客演指揮させていただいております。

それぞれの曲は以下のリンクからご覧いただけます。

 

■ 『6 Choral Folksongs Op. 36b』より抜粋 (youtube.com)

■ アンコール「ふるさとの夜に寄す」「The Salley Gardens」「Garnet」 (youtube.com)

池田瑛子さんがエッセイ集を出版されました♪
2024年03月25日(月)

詩人の池田瑛子さんが初のエッセイ集を出版されました。最初の出会いとなった「岸辺に」、歌曲集『月色の舟』など、なかにしとの交わりについても触れて下さっております。

[新]詩論・エッセイ文庫27    土曜美術社出版販売(1400円+税)

CD『Twinkle, Twinkle, Little Star~イギリス童謡集』がリリースされました♪
2024年02月22日(木)

楽譜イギリス歌曲シリーズ第5巻「Twinkle, Twinkle, Little Star イギリス童謡集」(カワイ出版)に全曲を収録したCDです。

くわしくはこちら

辻裕久による歌曲セミナーのご案内
2024年01月23日(火)

第9回イギリス歌曲講座

イギリス愛唱歌集~The Water is Wide

O mistress mine~シェイクスピアの世界

Amaizing Grace~イギリスの聖歌とクリスマスキャロル

Weep you no more – イギリスの愛と夢 –

Twinkle, Twinkle, Little Star – イギリス童謡集 –

The shepherd’s song – イギリスの田園風景を歌う

Danny Boy – イギリス愛唱歌集

ヘンデル『メサイア』 (全音楽譜出版社)

を用いての公開グループレッスンです。

詳しくはこちらをご覧ください。
・2024年4月6日(土)18:30開演 渋谷区文化総合センター大和田・大練習室


第8回イギリス歌曲講座

イギリス愛唱歌集~The Water is Wide

O mistress mine~シェイクスピアの世界

Amaizing Grace~イギリスの聖歌とクリスマスキャロル

Weep you no more – イギリスの愛と夢 –

Twinkle, Twinkle, Little Star – イギリス童謡集 –

The shepherd’s song – イギリスの田園風景を歌う

ヘンデル『メサイア』 (全音楽譜出版社)

を用いての公開グループレッスンです。

詳しくはこちらをご覧ください。(受講・聴講ともに募集は終了しました。)

・2024年1月19日(金)18:30開演 渋谷区文化総合センター大和田・大練習室


第7回イギリス歌曲講座

イギリス愛唱歌集~The Water is Wide

O mistress mine~シェイクスピアの世界

Amaizing Grace~イギリスの聖歌とクリスマスキャロル

Weep you no more – イギリスの愛と夢 –

Twinkle, Twinkle, Little Star – イギリス童謡集 –

The shepherd’s song – イギリスの田園風景を歌う

ヘンデル『メサイア』 (全音楽譜出版社)

を用いての公開グループレッスンです。

詳しくはこちらをご覧ください。(受講・聴講ともに定員に達したため募集は終了しました。)

・2023年10月21日(土)18:30開演 渋谷区文化総合センター大和田・大練習室


第6回イギリス歌曲講座

 

イギリス愛唱歌集~The Water is Wide

O mistress mine~シェイクスピアの世界

Amaizing Grace~イギリスの聖歌とクリスマスキャロル

を用いての公開グループレッスンです。

詳しくはこちらをご覧ください。

・2020年2月8日(日)13:30~16:30 渋谷区文化総合センター大和田・練習室3


第5回イギリス歌曲講座

イギリス愛唱歌集~The Water is Wide』『O mistress mine~シェイクスピアの世界』を用いての公開グループレッスンです。詳しくはこちらをご覧ください。

・2019年10月13日(日)18:30~21:30 渋谷区文化総合センター大和田・大練習室


第4回イギリス歌曲講座

イギリス愛唱歌集~The Water is Wide』『O mistress mine~シェイクスピアの世界』を用いての公開グループレッスンです。詳しくはこちらをご覧ください。

《特別企画》英語で歌ってみよう 『グリーンスリーヴス』(なかにしあかね編曲 二部合唱) も実施します。

・2019年06月30日(日)13:30~16:30 渋谷区文化総合センター大和田・大練習室


第3回イギリス歌曲講座

イギリス愛唱歌集~The Water is Wide』『O mistress mine~シェイクスピアの世界』を用いての公開グループレッスンです。詳しくはこちらをご覧ください。

・2019年04月28日(日)13:30~16:30 渋谷区文化総合センター大和田・大練習室


第2回イギリス歌曲講座

イギリス愛唱歌集~The Water is Wide』『O mistress mine~シェイクスピアの世界』を用いての公開グループレッスンです。詳しくはこちらをご覧ください。

・2019年01月20日(日)13:30~16:30 渋谷区文化総合センター大和田・大練習室


第1回イギリス歌曲講座

イギリス愛唱歌集~The Water is Wide』を用いての公開グループレッスンです。詳しくはこちらをご覧ください。

・2018年09月17日(月祝)18:30~21:30 渋谷区文化総合センター大和田・練習室3

イギリス歌曲シリーズ第7巻『Danny Boy イギリス愛唱歌集2』が出版されました♪
2023年12月28日(木)

全曲独唱でも重唱でも、合唱でも演奏可能です。くわしくはこちら

女声合唱とピアノのための『月と太陽』が出版されました♪
2023年12月27日(水)

くわしくはこちら

イギリス歌曲シリーズ『Danny Boy』『The shepherd’s song』『Twinkle,Twinkle,Little Star』『Weep you no more』 『Amazing Grace』 『O mistress mine』 『The Water is Wide』
2023年12月22日(金)

イギリス歌曲シリーズ

辻裕久・なかにしあかね監修によるイギリス歌曲シリーズのご案内です。

7「Danny Boy」

楽譜の詳しい情報はこちらをご覧ください。

6「The shepherd’s song」

楽譜の詳しい情報はこちらをご覧ください。

5「Twinkle,Twinkle,Little Star」

楽譜の詳しい情報はこちらをご覧ください。

4「Weep you no more」

楽譜の詳しい情報はこちらをご覧ください。

3「Amazing Grace」

楽譜の詳しい情報はこちらをご覧ください。

2「O mistress mine」

楽譜の詳しい情報はこちらをご覧ください。

1「The Water is Wide」

楽譜の詳しい情報はこちらをご覧ください。


辻裕久によるイギリス歌曲講座

イギリス歌曲シリーズ3「Amazing Grace」と2「O mistress mine」と1「The Water is Wide」をテキストとした公開グループレッスンです。

詳しい情報はこちらをご覧ください。


CD収録曲のご紹介

イギリス歌曲シリーズ3「Amazing Grace イギリスの聖歌とクリスマスキャロル」のうち、

・Amazing Grace アメイジング・グレイス
・What a Friend We Have in Jesus いつくしみ深き
・Rock of Ages, Cleft for Me ちとせの岩よ
・Deck the Hall ひいらぎ飾ろう
・What Child is This 御使い歌いて(グリーンスリーヴス)
・O Come All Ye Faithful 神の御子は
・Once in Royal David’s City ダビデの町に
・Joy to the World もろびとこぞりて
・The First Nowell まきびとひつじを
・The Twelve Days of Christmas クリスマスの12日
・Hark! The Herald Angels Sing 天には栄え
・Coventry Carol コヴェントリー・キャロル
・Ding! Dong! Merrily on High! ディンドン鐘が鳴る
・God Rest Ye Merry, Gentlemen 世の人忘るな
・The Holly and the Ivy ひいらぎとつたは

 

イギリス歌曲シリーズ1「The Water is Wide イギリス愛唱歌集」のうち、
・The Water is Wide 広い河の岸辺
・Home, Sweet Home ホーム・スィート・ホーム(埴生の宿)
・Lavender’s Blue ラヴェンダー・ブルー
・The Salley Gardens サリー・ガーデン
Three or more Scottish Folksongs「3つまたはそれ以上のスコットランド民謡」
・Annie Laurie アニー・ローリー
・Comin’ Through the Rye ライ麦畑で(故郷の空)
・Loch Lomond ロッホ・ローモンド
・The Last Rose of Summer 夏の名残の薔薇(庭の千草)

 

(すべて なかにしあかね編曲)

 

の曲はCDThe Water is Wide イギリス愛唱歌集に収録されています。


イギリス歌曲シリーズ4「Weep you no more」のうち、

・Lay a garland on my hearse 花冠を捧げたまえ(ヒューバート・パリー)
・Weep you no more 泣くな 悲しみの泉よ(ヒューバート・パリー)
・Is she not passing fair? 美しい彼女(エドワード・エルガー)
・Weep you no more 泣くな 悲しみの泉よ(グスタフ・ホルスト)
・Cradle Song 子守唄(グスタフ・ホルスト)
・Weep you no more 泣くな 悲しみの泉よ(ロジャー・クィルター)
・Tears 涙(アイヴァー・ガーニー)
・Sleep 眠り(アイヴァー・ガーニー)
・A sad song 哀歌(ピーター・ウォーロック)
・My own country 我が故郷(ふるさと)(ピーター・ウォーロック)

 

イギリス歌曲シリーズ2「O mistress mine」のうち、

・Take, O take those lips away 消し去りたまえ 唇を(ヘンリー・ビショップ)

“Three Shakespeare Songs” Op.6 「3つのシェイクスピアの歌」(ロジャー・クィルター)
・Come away, death 来たれ 死よ

・O mistress mine 愛しい人よ

・Blow, blow thou winter wind 吹け 冬の風よ

 

イギリス歌曲シリーズ1「The Water is Wide」のうち、

・My Lady Greensleeves グリーン・スリーヴス
・Drink to me only with thine eyes ただあなたの瞳からの
・The Jolly Miller 陽気な粉ひき
・Believe me if all those endearing young charms 信じて下さい 若々しい魅力のすべてが(春の日の花と輝く)

 

の曲はCDイギリス抒情歌曲集Home, Sweet Homeに収録されています。


イギリス歌曲シリーズ合唱版

4曲の合唱版がそれぞれピースでも出版されております。

詳しい情報はこちらをご覧ください。

1. 混声四部合唱「The Water is Wide(広い河の岸辺)」

2. 混声四部合唱「Home, sweet Home(埴生の宿)」

3. 男声四部合唱「The Salley Gardens(サリー・ガーデン)」

4. 女声三部合唱「Lavender’s Blue(ラベンダー・ブルー)」

合唱版4曲を収録したCDライヴCD「BRITISH SONGS」もございます。


一部YouTubeでご覧いただける曲もありますので、ぜひご利用ください。

・  My Lady Greensleeves グリーン・スリーヴス -arr.Roger Quilter ロジャー・クィルター

・  The Jolly Miller 陽気な粉ひき -arr.Roger Quilter ロジャー・クィルター

二部合唱曲「明日への子守歌」が出版されました♪
2023年11月05日(日)

子供達でも、女声2部でも、男声2部でも、合体して混声でも可能、メロディーだけを歌う方がいてもOK。

くわしくはこちら

混声4部合唱による『4つの聖歌』が出版されました♪
2023年10月31日(火)

作品と楽譜の詳細はこちら